パートナーが不倫しているかも?調査して証拠を集める!

- パートナーの不倫を証明する

パートナーの不倫を証明する

パートナーの不倫を証明するのであれば、事前の準備が必要となります。
その前に、まずパートナーの不倫を疑うところからはじめます。
最近理由がはっきりしない外出が多くなりましたか?
帰りがいつも終電だったりしませんか?
携帯電話への執着心が強くなっているように見えませんか?
心当たりがあるのなら、探偵事務所に相談だけでも足を運んでみるのが心の余裕を生むきっかけになるかもしれません。
浮気をしているのかどうかだけの調査を依頼することもできますし、もしそれが事実ならば、裁判や調停に向けた証拠収集の依頼もすることができます。
不貞行為というのは、法律上の不倫のことなのですが、この不貞行為を証明するためには配偶者が配偶者以外の人と性的関係を結んでいるということの証明をすることで、不貞行為を立証することができます。
もちろん、ただ怪しいというだけの証拠では裁判では証拠として認められることはかなり難しいでしょう。
裁判にまでもつれ込んで、慰謝料を請求するのであれば、強力な証拠が必要となってきます。

探偵事務所は情報収集を得意とする組織


探偵の行うことは、情報収集のための尾行や張り込みが主体となります。
これは個人でもできますと紹介しているサイトもありますが、場合によってはそれは違法行為をしてしまって逆に訴えられるかもしれません。
もちろんそのようなサイトにはこの危険について一切触れていません。
探偵事務所に依頼するのは費用が高くかかってしまうのではないか、と考えている人も少なくないかもしれません。
しかし、自分の力で情報収集をしたほうが高い費用が掛かったり、その上手間や時間をかけたが、裁判まで使える強力な証拠が手に入らなかったという場合も少なくありません。
違法行為を知らない間にしてしまったということも多くあるので、そのようなリスクも回避するために探偵事務所にお願いするほうが、自分は普段の生活を続けることができるので無難と考えられます。

思い込みは張り込み調査を台無しにする

思い込みは、張り込み調査を台無しにすることがあります。
家の電気がついていないから留守だと決めつけてしまうのも、その例です。
このような先入観のせいで、浮気の決定的な証拠を見逃してしまうこともあります。
浮気慣れしている人は、調査を警戒しているので、わざと家の電気をすべて消して不貞行為に及ぶかもしれません。
そのため、消灯しているから家にいないと判断するのは、あまりに安直です。
探偵は様々な可能性を考慮しながら、ターゲットが家にいるのかどうかを冷静に見極める必要があります。
夏や冬なら、エアコンが使われているかどうかをチェックすることができます。
電気がついていないのに電気メーターが稼働していれば、ターゲットは室内にいて、エアコンを入れている可能性が高いということです。
探偵にとって、一般的な常識感覚は確かに必要ですが、それだけでは足りません。
浮気をしている人の行動パターンや心理状態を頭に入れて、調査を行わなければいけません。
特に、張り込み調査の際にはそれが一層重要となります。


Copyright(C)2015 パートナーが不倫しているかも?調査して証拠を集める! All Rights Reserved.